>

購入する際に注意する部分

持って帰るのが簡単な景品

大きな景品は、持ち運ぶのが大変です。
自家用車で来ている人は、簡単に持って帰れるでしょう。
ですが忘年会は、お酒を飲むことが多いです。
運転できないので、バスや電車を活用する人もたくさん見られます。
その様な人に大きな景品が当たると、負担を与えてしまいます。
軽い景品や、小さな景品を用意することもポイントです。

カバンに収まるサイズなら、誰に当たっても迷惑になることはないでしょう。
良いと思う景品があっても、重かったり大きかったりした場合は避けてください。
大きい景品の方が、みんなから注目されるので忘年会にピッタリだと思っている人がいるでしょう。
ですが持って帰るのが大変な景品が当たっても、迷惑になってしまうだけです。

小さくても喜んでもらえる

コンパクトでも、生活に役立つ便利な家電があります。
そのようなものを、上位の景品にすると良いでしょう。
サイズが大きくなくても、十分みんなの気を惹くことはできます。
また上位の景品に、商品券や旅行券などの金券を用意するのも良い方法です。
それなら軽いですし、商品券なら当たった人に好きなものを選択してもらえるので確実に喜ばれます。

何を用意して良いかわからなかったら、金券を用意しましょう。
金券は、利用できるお店や期限が決まっています。
期限を超えたただの紙になってしまうので、必ず期限内に使用してもらってください。
渡す時に、使えるお店や期限などの注意事項を伝えておきましょう。
すると、余計なトラブルの防止にも繋がります。


この記事をシェアする